本文へスキップ

                      

出演者情報

茂木大輔(指揮・お話)


ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)。86年からシュトウットガルト・ フィルハーモニー管弦楽団の第1オーボエ奏者を経て、1990年からNHK交響楽団首席オーボエ奏者。多数のCDをリリースして注目を集める。
1996年から指揮活動に入り、オーケストラの楽器や、バッハの受難曲、ベートーヴェンのシンフォニーなどの解説コンサートで全国的に活躍。
二ノ宮知子「のだめカンタービレ」原作に取材協力、ドラマ、アニメ、映画では「クラシック監修」と俳優の演奏演技指導などを担当した。
現在までに東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団などを指揮している。
指揮を故:岩城宏之、外山雄三、広上淳一、三河正典の各氏に師事。
執筆でも知られ、「オーケストラ楽器別人間学(新潮文庫)」など多数の著書がある。最新刊「拍手のルール(中公文庫)」。


吉田浩之(テノール)【2013西宮公演】

Photo:Eiji Shinohara
《こうもり》アルフレード役でオペラ・デビュー、以来、新国立劇場、びわ湖ホール、日生劇場、東京フィル・オペラコンチェルタンテ、二期会など数々の公演に出演、モーツァルト、ヴェルディ、プッチーニ、ツェムリンスキー、ベルク、ブリテン、ブゾーニからバーンスタインまで幅広いレパートリーを持ち、リリコ・レッジェーロの瑞々しく伸びやかな美声と叙情性豊かな表現力で常に聴衆を魅了している。また、ミサ曲、オラトリオなどのソリストとしても卓越した歌唱に定評があり、ハイドン、J.S.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン等古典から、ドヴォルザーク《スターバト・マーテル》、ベルリオーズ《ロミオとジュリエット》、ヴェルディ《レクイエム》、オネゲル《ダヴィデ王》まで幅広いレパートリーを数々のオーケストラと共演している。1995年にはニューヨークのモーストリー・モーツァルト・フェスティバルにも出演。共演指揮者には、小澤征爾、
チョン・ミョンフン、クリスティアン・アルミンク、テオドール・グシェルバウアー、ニコライ・アレクセーエフ等が名を連ねる。近年では新国立劇場《フィデリオ》、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》《トリスタンとイゾルデ》、びわ湖ホール《サロメ》、日生劇場《魔笛》、シュミット《七つの封印を有する書》、読売日本交響楽団《ファウスト交響曲》、松下功《遣唐使》、東京文化会館50周年記念フェスティバル黛敏郎《古事記》等に出演。

福井県敦賀市出身。国立音楽大学声楽科卒業。東京芸術大学大学院修了、二期会オペラスタジオを優秀賞で終了。松村勇、布施隆治、渡辺誠、渡邊高之助、高橋大海、故山路芳久、M. コラチッキ、S. ローチ、A. ポーラの各氏に師事。1990年、モーツァルト没後200年記念国際モーツァルト声楽コンコルソ本選入賞。翌1991年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてローマに留学、その間イタリア各地で数多くのコンサートに出演。1997年には第25回ジロー・オペラ賞新人賞受賞。東京藝術大学音楽学部声楽科准教授。

渡邉恵津子(ソプラノ)【2013西宮公演】


東京音楽大学(声楽演奏家コース)卒業、同大大学院修了。二期会オペラ研修所第5期プロフェッショナルコース修了。第68回読売新人演奏会、サントリーホールデビューコンサート、二期会新進演奏家の夕べ、タミヤコンサート2008春にてピアニストとのデュオリサイタル、「合唱幻想曲」ソリスト等に出演。オペラでは「魔笛」(夜の女王)、「ヘンゼルとグレーテル」(眠りの精)、「カルメン」(フラスキータ)、「愛の妙薬」(アディーナ)、「こうもり」(アデーレ)、「電話」(ルーシー)、「ドンパスクアーレ」(ノリ−ナ)、「フィガロの結婚」(スザンナ)等に出演。コンサートにて、東京交響楽団、セントラル愛知交響楽団、群馬交響楽団、中部フィル、九州交響楽団、アンサンブル金沢と共演。ドラマ・アニメ「のだめカンタービレ」多賀谷彩子役「夜の女王のアリア」の吹き替えで歌唱出演。第8回ヴェルディ芸術文化振興会特別オーディション特別優秀賞受賞、世界オペラ歌唱コンクール「新しい声2005」ドイツ本選出場。埼玉オペラ協会会員、二期会会員。


内匠慧(ピアノ)【2013春日井公演 ※Aプロ


1992年愛知県春日井市生まれ。3歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを習い、ヤマハマスタークラス特別コースを修了。
2012年11月の第8回浜松国際ピアノコンクールにて、最年少でファイナルに進出し、第6位、さらに日本人作品最優秀演奏賞を受賞、一躍脚光を浴びた。
その他に、第62回全日本学生音楽コンクール高校生の部 全国大会第1位、第35回PTNAピアノコンペティション特級銀賞、オスロ・グリーグ国際ピアノコンクール特別賞など、国内外のコンクールで入賞を果たしている。また、これまでに名古屋・東京・パリでリサイタルを開催。新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団など多数のオーケストラとも共演している。
これまでに遠藤誠津子、後藤康孝、鈴木弘尚、吉永哲道、東誠三、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、クリストファー・エルトンの各氏に師事。春日井市立中部中学校、愛知県立旭丘高校を卒業後、東京藝術大学を経て、現在、全額給費生として英国王立音楽院2年に在学中。

渡辺玲子(ヴァイオリン)【2013春日井公演※Bプロ

Photo:Yuji Hori
渡辺玲子は、超絶的なテクニック、玲瓏で知的な音楽性、切れ味鋭い官能性とその広いレパートリーで日本のみならず世界のヴァイオリン界をリードする逸材である。
1984年ヴィオッティ、86年パガニーニ両国際コンクールで最高位を受賞。これまでに国内の主要オーケストラはもとより、ワシントン・ナショナル響、ロザンゼルス・フィル、セントルイス響、ヴァンクーヴァー響、フィルハーモニア管、BBC響、ウィーン・トーンキュンストラー管、ロシア・ナショナル管、バンベルク響、NHK響、香港フィルなどと共演。中でもシノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレ、サンクトペテルブルク響との共演はCDもリリースされ、大好評を博した。リサイタリストとしても意欲的に活動しており、NYタイムズ紙はその演奏を「圧倒的なテクニック、華麗な音色、劇的な音楽表現」と評し、見出しに「ヴィルトゥオーゾの圧倒的迫力に脱帽」と掲げて絶賛した。その他、2001年にはバッハの無伴奏作品に取り組み、これはCDとしても発売され高い評価を得ている。このほか、ワシントンのケネディー・センターやラヴィニア音楽祭、イタリアのストレーサ音楽祭等に出演している。
2004年からは演奏活動の傍ら教育にも係り、秋田の国際教養大学特任教授として、音楽家を目指していない学生にも音楽の深さを知ってもらおうと、秋学期に集中講義(「音楽と演奏」)を行っている。
東京生まれ、現在ニューヨーク在住、日本では、松井宏中、鈴木共子、田中千香士、堀正文、大谷康子、海野義雄の各氏に師事、アメリカでは、J、フックス、J、ラタイナー、F、ガリミア、S、ローズ、L、スターンの各氏に師事、他にスイスで、N、ミルシテイン、アメリカでJ、ギンゴールドのマスタークラスも受講している。
05年第35回エクソン・モービル音楽賞奨励賞受賞。ニューヨーク在住。
最新CDは12年6月リリースの『SOLO』。
使用楽器は、日本音楽財団より貸与された1736年製グァルネリ・デル・ジェス「ムンツ」。
http://www.reikowatanabe.com/

須藤梨菜(ピアノ)【2013堺公演】


1987年千葉市生まれ。5歳の時に栃木県宇都宮市に移り、本格的にピアノを始める。
若干8歳にして、東京藝術劇場にて山本直純指揮・東京フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトの協奏曲を共演、好評を博す。

幼少の頃より、国内外のコンクールにおいて優秀な成績を収め、第6回エトリンゲン青少年国際コンクールAカテゴリー第1位、第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会G級銀賞・王子賞他受賞、「第2回福田靖子賞選考会」福田靖子賞(第1位)、第5回浜松国際ピアノコンクール第4位、第7回ダブリン国際ピアノコンクール(アイルランド)日本人最高位かつ最年少第5位入賞等、多数のコンクールにて上位入賞を果たす。

オーケストラとの共演も数多く、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、クラクフ室内管弦楽団(ポーランド)等、国内外の主要オーケストラよりソリストとして度々招かれている。イタリア、ニュージーランド、および日本国内の各地にて数々のソロリサイタルおよび演奏会に出演、好評を博す。

これまでに、宇都宮市市民賞、宇都宮市長特別賞、川崎市アゼリア輝賞を受賞。
昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミー在籍中。江口文子氏に師事。


三浦友理枝(ピアノ)【各務原公演】

Photo:Yuji Hori
東京生まれ。3歳よりヤマハ音楽教室に入会、1993年よりヤマハマスタークラスに在籍。江口文子、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、浦壁信二各氏に師事。2001年に英国王立音楽院に入学、クリストファー・エルトン氏に師事。05年7月同音楽院大学課程を首席で卒業。07年9月同音楽院・修士課程を首席で修了。95年「第3回ゲッティンゲン国際ショパンコンクール」第1位受賞。これを機にドイツなどでコンサート活動を開始。99年「第3回マリエンバート国際ショパンコンクール」最年少で第1位受賞。01年「第47回マリア・カナルス国際音楽コンクール」ピアノ部門第1位、および金メダル、最年少ファイナリスト賞、カルロス・セブロ特別メダル賞を受賞。06年には「第15回リーズ国際ピアノコンクール」にて特別賞を受賞した。これまでに、東京フィル、読売日響、日本フィル、東京シティフィル、群響、大阪フィル、京響、名古屋フィル、札響、広響、九響、仙台フィル、山響、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ロンドン・ソロイスツ室内オーケストラ、カイロ響など国内外の主要オーケストラと多数共演している。
室内楽の分野でも積極的な活動を展開しており、オランダ人ヴァオリニスト、シモーネ・ラムスマとはエルガーのCDをリリース(NAXOS)、イギリス、オランダ等でコンサート・ツアーも行った。また09年には川久保賜紀(ヴァイオリン)、遠藤真理(チェロ)とピアノ・トリオを結成、10年には全国ツアーを行い好評を博す。05年、エイベックス・クラシックスよりCDデビュー。これまでにソロ・アルバム4点と、川久保賜紀、遠藤真理とのトリオのCDをリリース。10年にリリースした「ショパン:24のプレリュード」は「レコード芸術」(音楽之友社)で特選盤に選ばれた。
オフィシャルウェブサイト www.yuriemiura.net

茂木大輔の生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会